ローンカード申し込み

ローンカードは、クレジットカードやキャッシングのような融資のためのカードでお金のやり取りをします。

ネットキャッシングや無人契約機が広まったことで、カードローンの顧客は多くなっています。

カードローンを取り扱っている金融機関は数多くあります。

大きく分けると、銀行系とノンバンク系に分類されます。

カードローン自体の審査方法や、申込みのやり方はどの金融会社もあまり差はありません。

申込みをした会社によって、審査の難しさや返済の条件が異なります。

希望金額が大きい時は、身分証明書として使える運転免許証などの書類と年収を証明できるものなどを集めた上で、銀行などの金融機関に行くことになります。

一方、カードローンは融資金額が高くないので、手軽に申込み手続きができます。

近年では、店まで行かなくても、ネットが繋げるところからなら簡単にカードローンの申込みが可能になっています。

原則的に、働いておりある程度の収入がある人でなければカードローンは使えません。

ただし、銀行系のカードローンには主婦も申込みが可能な場合もあります。

消費者金融系のカードローン会社に申込みをすると、審査にかかる時間が短いため、申込から時間をあけずにお金を借りることができます。

急に現金が必要になった時には申込みがしやすく、利用しやすいというのもカードローンの魅力の一つともいえます。

ローンカードの申込み方法

銀行系のカードロ-ンの場合では、店舗に来店して直接申込む事もできます。

店舗まで出向く時間的な余裕がないという人は、ネットキャッシングなら好きな時間にカードローンの申込みができます。

申込み方法によっては、書類の郵送にかかる日数などで融資に数日かかることもあります。

銀行以外のノンバンクでカードローンを利用する場合、申し込み手続きが簡単で、審査に時間がかからないという利点があります。

申込みに必要な書類や手続きもシンプルで審査も早いので、気軽にカードローンが使えます。

通常店舗でカードローンを申込む際には、身分証明証と合わせて印鑑や収入を証明するような書類があると良いでしょう。

ほとんど待たずに審査結果が出て、すぐに融資が受けられます。一般的には成人で一定の職につき、安定した収入がある人であれば、カードローンは誰でも利用が可能です。

金融会社によって、返済方法や利率が変わってきます。

借り入れを考えている人は、カードローンについてしっかり調べてから申込みするといいでしょう。

もしも不明な点があるなら、問い合わせやネットで情報収集をしてからローンカードの申込みをする方が良いでしょう。

ローンカードの申込みと審査

ローンカードでの審査基準は各金融会社によってそれぞれ違ってきます。

月々の収入や働いているかどうかは、多くの金融会社が調べています。

アルバイトや派遣で不規則な収入を得ている場合は審査に通りにくいようです。

現在利用しているカードローンの金額によって、審査の結果が思わしくない場合もあります。

主婦など仕事をしていない場合は、消費者金融系のカードローンの申込みはできないことも多いようです。

事前に確認したほうがいいでしょう。

いくら職についていてもすでに複数の金融会社から借り入れしていたりすると厳しくなります。

過去に利用したカードローンの返済がスムーズにできなかったという場合も、申込み後の審査で問題視されることもあります。

カードローンでは、申込み直後に審査をして結果を出します。

たいていの審査では、在籍確認として勤務先となっている会社に電話をかけます。

在籍確認の際は、カードローン会社だと相手に知られないようにしてくれます。

手続きの内容に間違いや見落しがあり、勤務先が今のものでなくなっていれば、審査は無理のようです。

ロードローンは一時期ほど気軽な存在ではなく、法律が変わったことで融資を受けづらくなった面もあります。

銀行系のカードローンの場合、相談に乗ってくれるケースもあるので、申し込む前に一度問い合わせしてみることをおすすめします。

クレジットカードのローンのメリット

クレジットカードでカードローンやキャッシングを使うという方法があります。

銀行系の大手金融会社などでも積極的に勧誘していることもあり、以前に比べてより身近になりつつあります。

実際、住宅ローンや自動車ローンなどといった高額のローンは事前に厳しい審査があります。

ローンとは、基本的に、金融会社から融資を受けることをいいます。

クレジットカードには元々ローンの機能がついているため、カードほ使えば待たされることなくお金が借りられます。

住宅ローンのように借りたお金の使い道が決まっている場合は、金利が低い代わりに担保が必要なこともあります。

カードローンは利用上現金額が少ないぶん、担保を立てる必要はありません。

カードローンを用いてATMからお金を引き出すのであれば、忙しい人でも手近なところからお金が借りられます。

クレジットカードを使ったカードローンは、若者が多く利用していると言われているようです。

カードローンを取り扱っているクレジットカード会社は、銀行系の融資と比較すると審査や申込みが簡単だとされています。

インターネット環境が広まったことで、クレジットカードをネットから手配する時にキャッシング設定も可能になりました。

何かあった時にすぐカードローンが使えるようにという目的でクレジットカードを所持している人もいます。

クレジットカードとカードローンのデメリットと注意点

どのようなことに気を使いつつ、クレジットカードやカードローンを使うべきでしょう。

法律の改正が行われたことによって、グレーゾーン金利は事実上消滅したといえます。

今ではクレジットカードによるローンやキャッシングの金利は、上限が20%に統一されています。

手軽に使えすぎて、油断をすると借りすぎてしまうことがあります。

金銭管理を曖昧なままにしている人や、月々の収入が不安定な人は要注意です。

カードローンで借りすぎたり、クレジットカードで物を買いすぎた結果、自力で返済できる金額を越えてしまうこともあるといいます。

今では、法律が変わったことにより、年収の三分の一を超える金額をキャッシング会社から借りてはいけないことになっています。

一枚一枚のクレジットカードの利用額がさほど多くなくても、何枚もカードで買い物をしていれば、返済に回さなければならないお金が増えます。

キャッシング会社は1人でも多くの顧客を取り入れるため、様々な特典やキャンペーンを行っています。

しかし金利がどれほど安くとも、借金は借金です。

ほとんどの人が持っているというクレジットカードは手軽ですが、カードローンと切り離して考える必要があります。